なかなか寝付けず精神的に辛くなり睡眠導入剤などを使用していませんか?最近ではドラッグストアなどでも手軽に購入することが可能となりましたが、睡眠導入剤の副作用や危険性を十分理解して使用しましょう。

睡眠導入剤の副作用と危険性

睡眠導入剤を睡眠剤とした睡眠は自然ではない

現代社会においては夜に眠れないということに悩まされる人が多く、病院にかかってみると不眠症として診断される人も稀ではありません。社会において大きなストレスを受けながら仕事や生活をしている人が多いことがその原因とされていますが、会社でも家庭でも経済状況を良くしていかなければならないという状況が続いているため、ストレスフリーの社会を目指すということは困難な状況にあります。
不眠症となって眠れないことにストレスを感じてしまうと悪循環を引き起こすことになります。そのため、多くの場合には病院から睡眠導入剤や睡眠剤が処方されることになります。睡眠導入剤や睡眠剤を用いることによって少なくとも夜に意識を落とすことができるようになるため、不眠によるストレスを解消することができるようになります。しかし、睡眠導入剤の多くは速やかな入眠をもたらしてくれるものの、その深さゆえに寝起きが悪くなってしまう傾向が強いというデメリットもあり、それによってストレスを感じてしまう人も散見されます。また、睡眠導入剤がなければ眠れないというような依存症になってしまう場合もあり、使用に関しては十分な注意が必要となっています。
一方、睡眠剤としてお酒を飲めば大丈夫という人もいます。薬ではないから問題ないと考えている人も多いのですが、それにもリスクがあることは認識が必要です。アルコールには中枢を抑制する効果もあることから睡眠を促す効果もあります。しかし、アルコールによって誘導された睡眠もまた睡眠導入剤と同じで自然な眠りをもたらすものではありません。そのため、アルコールで眠りにつく習慣になっていると十分に心身の回復が行えていない状況になってしまっているのです。