睡眠導入剤の副作用と危険性

なかなか寝付けず精神的に辛くなり睡眠導入剤などを使用していませんか?最近ではドラッグストアなどでも手軽に購入することが可能となりましたが、睡眠導入剤の副作用や危険性を十分理解して使用しましょう。

睡眠導入剤の副作用と危険性

睡眠導入剤の副作用は大丈夫?

今日の社会においては精神的な疾患を大小さまざまな形で煩ってしまっている人が多く、医療機関にかからずに済む程度の軽微なものも含めればほとんどの人が一度は経験するものとなってきています。その中でも頻繁に見られるのが睡眠障害であり、夜になってベッドに横になっても眠れなかったり、寝付くことはできても何度も夜中に目が覚めてしまったり、まだ夜も明けない暗いうちから目が覚めて眠れなかったりしてしまう人が多数います。そういう状況が続くと生活の質に問題が生じることから医療機関を受診して睡眠導入剤を処方してもらうことになるのです。
睡眠導入剤をいざ使用するということになると多くの患者が懸念するのがその副作用です。現在使用されている睡眠導入剤のほとんどは中枢神経系の活動レベルを下げることによって睡眠を誘発するものであることから、それが過度に働くことによって永眠してしまうのではないかということが最も懸念されています。呼吸抑制の副作用がある睡眠導入剤が以前はよく用いられていたこともその原因となっていますが、現在ではそういったリスクのないものが用いられるようになっています。しかし、副作用がないわけではありません。最も頻繁に用いられているベンゾジアゼピン系の睡眠導入剤では人によっては持ち越し効果や前向性健忘などの副作用に苛まれてしまう場合があります。
一方、睡眠導入剤の使用をやめたいというときに急に止めてしまうと離脱症状が起きることが多いのも副作用として理解が必要なことです。睡眠導入剤に対して依存が生じてしまっているために生じるものであるとされており、少しずつ薬の量を減らしていくことによって徐々に身体を慣らしていくことが睡眠導入剤をやめるためには必要なのです。

睡眠導入剤の安全性

ストレスなどにより、眠れなかったり、寝つきが悪い、または眠ってもすぐに目が覚めてしまうなどの症状が、長く続いている時には、精神科などの医療機関では、睡眠導入剤が処方されます。睡眠導入剤は、睡眠薬とは違い、眠れるように、心身ともにリラックスさせる薬なので、精神安定剤などが処方される場合もあります。睡眠導入剤の効果は、薬品により様々ですが、服用後30分程度で効果が現れはじめ、5時間程度は効果が持続する物が多いです。副作用も様々ですが、はじめて服用する時などには、効果が長く持続してしまう可能性があるので、服用するタイミングが重要です。睡眠導入剤は、毎日服用していると、効果が薄くなってしまうので、服用前に服用する期間を決めたり、どうしても眠れない時にだけ服用するなど、使用方法を医師などの、処方された医療機関に相談してから服用すると安心です。睡眠導入剤を服用する際に、最も注意したい点は、薬物依存です。リラックスして眠る事ができる薬品なので、とても心強い存在であるが故に、服用しなければ眠れないと思わないように、意識しなければなりません。一時的に、薬品によって睡眠を手助けされているだけであって、服用する事で、ストレスの根源が解決でている訳ではありません。また、服用後に効果が現れない場合は、一定時間の間隔を空けてから服用しなければなりません。体調などによって、効果が現れにくい場合もありますが、焦って過剰に服用してしまうと、副作用が強くなるなど、トラブルの原因となってしまいます。睡眠導入剤は、便利な薬品ではありますが、服用する際には、用法用量を理解した上で、正しく服用する事が、とても大切な薬品です。

睡眠導入剤の睡眠効果

睡眠導入剤は上手く眠ることができないというような人にとって、まさに助け舟となるような存在です。
特にドラッグストアで気軽に入手できるようになってからは、少し眠れないというだけで睡眠導入剤を使うという人も増えてきました。
ただしかし、そこで気になるポイントになっているのが睡眠導入剤にどれだけの睡眠効果があるのかということです。
この睡眠導入剤という存在に付いて明確な区分があるというわけではないのですが、一般的には「睡眠薬と呼ばれる薬よりも早い段階で効果があらわれ、効果がすぐに切れるもの」とされています。
そのため睡眠効果としては入眠、つまり眠りに就くことをサポートするのが主であるということになるのです。
例えば一旦眠りに就けばしっかり朝まで眠ることができる、熟睡感は問題なく存在しているというようであれば、睡眠導入剤の効果で十分に対処できることでしょう。
ただしかし、睡眠導入剤の睡眠効果で不足を感じやすい人となるのが、眠った後で何度も目を覚ましてしまうというような人や、何時間眠っても疲れが取れず憂鬱であるというような人です。
これらは眠りに入ることよりも、睡眠中の状態を改善することが重要になってきます。
特に何度も目を覚ましたり疲れが取れず憂鬱であるというような症状は、いずれもうつ病の代表的な症状となっています。
うつ病によって満足な睡眠がとれないというようになっているのであれば、そこで必要になるのは抗うつ剤やカウンセリングによるメンタルケアです。
睡眠薬の中にはどちらの効果も備えているというような物もありますが、そうした睡眠薬は専門の病院で処方されるべきものとなっており、ドラッグストアでは手に入れることはできません。
睡眠導入剤はあくまでも入眠をサポートするものであるというように考えるようにしてください。
↓睡眠促進薬で体内時計を正常に
メロセット